新製品を真似されたくないあなたに【特許/実用新案の出願/申請】

特許または実用新案登録で、自社のみが独占排他的に製造販売することができます。

 

特許出願または実用新案登録出願せずに市場に出してしまうと、・・・

  • 新製品の新技術や新機能を、他社に真似されるかもしれません。
  • 独自技術なのに、価格競争になるかもしれません。
  • 自社で出願しない内に、他社が出願し登録を受けるかもしれません。

 

せっかく考えたオリジナル技術
開発者(発明者)の士気向上のためにも、ぜひ形にしましょう!

特許

登録要件との関係で、原則として、製品を市場に出したり、アイデアを第三者にしゃべったりする前に、まずは特許出願または実用新案登録出願が必要です。

 


小山特許事務所は、大阪寝屋川の特許事務所です。
機械、器具、装置の構造および制御を専門とする特許事務所です。

近隣市町村からもご依頼いただいております。
過去、枚方市、交野市、門真市、四條畷市、大東市、摂津市などの方々からも、特許出願または実用新案登録出願をご依頼いただいております。もちろん、より遠方の方も大歓迎です。大阪府外からもご依頼いただいております。御社またはご自宅での打合せも可能です。

 


・出願から登録までの手続と費用を、事前にわかりやすくご説明させていただきますので、はじめての方でもご安心ください。その上で依頼するか否かを決めることができます。

・弊所オリジナルの「中間処理費用上限制度」(登録商標)により、出願から登録(または拒絶)までに要する最大費用を予め確定することができます。

・要所要所で弊所オリジナルの資料を用いて、納得、安心の登録を目指します。

・技術内容や作成図面に応じて料金は異なりますが、出願時費用として、概ね二十数万円まで、となります。

ご依頼ご相談は、出願までの流れをご覧ください。

 


(作成2019.04.21、最終更新2020.03.29)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2019-2020 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.