商標類否判断支援システムのアルゴリズム(類否判断手順)

はじめに

対比する二つの商標の類否(類似するか否か)は、比較する両商標がその「外観(見た目)」、「称呼(読み方)」又は「観念(意味内容)」等によって需要者に与える印象、記憶、連想等を総合して全体的に観察し、同一又は類似の商品又は役務(サービス)に使用した場合に、出所混同のおそれがあるか否かにより判断します(商標の類否(類似/非類似))。

商標類否判断支援システムは、商標の「称呼」における類否判断(読み方において類似するか否かの判断)のための情報提供を行います。

本システムの最大の特徴は、なぜ類似の傾向があるのか?、あるいは、なぜ非類似の傾向なのか?、その“理由”が示される、という点にあります。

商標類否判断支援システムは、下記フローチャートに基づき処理します。
メイン処理と、そのサブルーチンである第1類否判断処理~第4類否判断処理の他、隣接2音入替判断処理から構成されます。

この手順は、単に本システムの処理手順というだけでなく、商標の称呼の類否判断の手順ということもできると思います。

以下、順に各処理について述べます。

なお、特許庁『商標審査基準』を参考に構築しておりますが、特許庁の審査基準そのものではありません。

 

動画解説もおすすめ!

 


メイン処理

商標類否判断支援システムのメイン処理(フロー)

  1. 2つの称呼の入力
  2. 各称呼の音数、両称呼間の音数差、両称呼間の互いに相違する音(相違音)のペア、相違音のペアの数(相違数)を求める
  3. 音数差と相違数にて場合分けして処理
    同数音かつ1音相違(音数差0&相違数1)の場合:第1類否判断処理と第2類否判断処理を実行
     (各処理のいずれかで、判定基準に合致するものがあると、称呼類似の傾向(一要素)となる。)
    1音差かつ1音相違(音数差1&相違数1)の場合:第3類否判断処理と第4類否判断処理を実行
     (各処理のいずれかで、判定基準に合致するものがあると、称呼類似の傾向(一要素)となる。)
    2音相違(相違数2)の場合:各相違部について第1類否判断処理と第3類否判断処理を実行する他、隣接2音入替判断処理を実行
     (各相違部双方について、各処理のいずれかで、判定基準に合致するものがあると、称呼類似の傾向(一要素)となる。また、隣接2音入替判断処理の判定基準に合致すれば、称呼類似の傾向(一要素)となる。)
    3音以上相違の場合:いずれの処理も実行しない
     (相違数の多さは、非類似の傾向(一要素)となる。)
  4. 結果の出力

 


同数音かつ1音相違(音数差0&相違数1)の例

  • 「ダイマックス」と「ダイマックス」
  • 「コロネト」と「コロネト」
  • シャボネット」と「ボネット」

1音差かつ1音相違(音数差1&相違数1)の例

  • 「ヤマセ」と「ヤマセ」

2音相違(相違数2)の例

  • 「コレット」と「コレット」
  • 「フゲン」と「フゲン」

音数について

  • 仮名文字1字(ア、イ、ウ等)で1音
  • 拗音(キャ、シュ、ビョ等)は2文字で1音
  • 長音(ー)、促音(ッ)、撥音(ン)は、それぞれ1音

 


第1類否判断処理

第1類否判断処理

母音を共通とするか?

  • ともに同数音の称呼からなり、相違する1音が母音を共通にするか。
  • 50音図の同段に属するということ。
  • 【例】「スッパー」と「スッパー」、「バンコン」と「バンコン」、「ミオン」と「ミオン」、「ダイマックス」と「ダイマックス」、「セレティ」と「セレティ」

子音を共通とするか?

  • ともに同数音の称呼からなり、相違する1音が50音図の同行に属するか。
  • 【例】「アス」と「アス」、「アミン」と「アミン」、「バルン」と「バルン」、「プロセッティ」と「プロセッティ」、「ビスリン」と「ビスリン」

清音、濁音、半濁音の差か?

  • ともに同数音の称呼からなり、相違する1音が清音、濁音、半濁音の差にすぎないか。
  • カ、サ、タ、ハ行音と、ガ、ザ、ダ、バ行音と、パ行音の違いということ。
  • 【例】「トロン」と「トロン」、「レカ」と「レカ」、「サンール」と「サンール」、「ビューレックス」と「ビューレックス」、「バーラックス」と「バーラックス」

弱音同士か?

  • 相違する1音がともに弱音であるか。
  • 弱音とは、イ、ウ、ム、ン、フ、ス等をいう。
  • 【例】「ダネル」と「ダネル」

長音と促音の差か?

  • 相違する1音が長音と促音の差にすぎないか。
  • 長音とはーをいう。
  • 促音とはッをいう。
  • 【例】「コロネト」と「コロネト」、「アドポク」と「アドポク」

長音と弱音の差か?

  • 相違する1音が長音と弱音の差にすぎないか。
  • 長音とはーをいう。
  • 弱音とはイ、ウ、ム、ン、フ、ス等をいう。
  • 【例】「イスタパック」と「イスタパック」

 


第2類否判断処理

第2類否判断処理

比較的長い称呼で1音だけ異なるか?

  • 同数音からなる比較的長い称呼で1音だけ異なるか。
  • 比較的長い称呼とは、ここでは6音以上とする。
  • 【例】「サイトロン」と「サイトロン」、「パラビタミン」と「パラビタミン」

拗音と直音の差か?

  • 相違する1音が拗音と直音の差にすぎないか。
  • 拗音とは、ャ、ュ、ョの付いた音をいう。
  • 直音とは、拗音と促音(ッ)以外の音をいう。
  • 【例】「シャボネット」と「ボネット」

母音が近似するか?、子音が近似するか?

  • 相違する1音の母音又は子音が近似するか。
  • 母音が近似とは、ここでは、イ-エ-ア-オ-ウの各隣接音とする。
  • 子音が近似とは、調音の位置、方法において近似することをいい、子音表において同一又は近接する調音位置、方法にある場合をいう。ここでは、後述の子音間の類否表によって求める。
  • 【例】「サリージェ」と「サリー」、「セレック」と「セレック」

 


第3類否判断処理

第3類否判断処理

弱音の有無の差か?

  • 相違する1音が弱音の有無の差にすぎないか
  • 弱音とは、イ、ウ、ム、ン、フ、ス等をいう。
  • 【例】「ヤマセ」と「ヤマセ」、「ビニラ」と「ビニラ」、「ブリテックス」と「ブリテックス」、「デントレック」と「デントレック」

長音の有無の差か?

  • 相違する1音が長音の有無の差にすぎないか。
  • 長音とはーをいう。
  • 【例】「モガレマン」と「モガレマン」

促音の有無の差か?

  • 相違する1音が促音の有無の差にすぎないか。
  • 促音とはッをいう。
  • 【例】「コレクシト」と「コレクシト」

 


第4類否判断処理

第4類否判断処理

比較的長い称呼で1音だけ多いか?

  • 比較的長い称呼で1音だけ多いか。
  • 比較的長い称呼とは、ここでは6音以上とする。
  • 【例】「ビプレックス」と「ビプレックス」

 


隣接2音入替判断処理

隣接2音入替判断処理

隣接する2音の入替えか?

  • 隣接する2音が入れ替わっているか。
  • 【例】「ホピスタン」と「ホスピタン」

 


子音間の類否表

子音間の類否表

 



参考情報(旧フローチャート:商標類否判断システム「知能判」)

メイン処理(旧フローチャート)

商標類否判断支援システムのメイン処理(旧)

第1類否判断処理(旧フローチャート)

第1類否判断処理(旧)

第2類否判断処理(旧フローチャート)

第2類否判断処理(旧)

第3類否判断処理(旧フローチャート)

第3類否判断処理(旧)

第4類否判断処理(旧フローチャート)

第4類否判断処理(旧)

 


関連情報

 


(作成2021.01.02、最終更新2021.01.10)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2021 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.