意匠登録費用

はじめに

このページでは、意匠登録費用(意匠登録出願から登録までの費用)について、説明しています。意匠登録そのものの解説や、特許・実用新案登録・商標登録の費用については、次のリンク先のページをご覧ください。

 


意匠登録費用

小山特許事務所に意匠登録出願をご依頼いただいた場合、出願から登録までの費用は、概ね以下のとおりです。

詳細は、面談による打合せにて、出願から登録までの流れと共に、書面および口頭にて、ご説明させていただきます。

 


小山特許事務所の料金体系の特徴

出願費用について、ご依頼前に費用を確定させます。作成後の書類の量(作成時間・図面数など)に左右されないため、安心してご依頼いただけます。

ご依頼前に、登録までに要する最大費用をご提示いたします。予めご提示した上限金額を超えてのご請求はいたしません。費用に納得いただいた上で、ご依頼いただけます。

詳細は後述しますが、意匠登録出願については、拒絶理由通知に対する反論費用をいただきません。これにより、出願から登録までのトータルの費用を抑えて、格安に権利取得いただけます。

 


いつ費用が発生するの?

意匠登録出願から登録までの典型的な流れは、次のとおりです。

出願→審査(→中間処理(拒絶理由通知とその応答))→登録査定→設定登録料納付→意匠権設定登録

この内、「出願時」と「登録時(設定登録料納付時)」に費用がかかります。

弊所の場合、意匠登録出願については、「中間処理時」に費用はかかりません。すなわち、審査において、特許庁から拒絶理由通知(登録できませんとの通知)があれば、その反論書類の提出が必要ですが、この手続を弊所に一任いただける場合、中間処理費用は無料です。先行意匠と類似しない理由、創作容易でない理由など、拒絶理由通知に対する反論を、弊所にお任せいただくことができます。もちろん、特許庁への提出前に、お客様にご確認いただきます。一方、お客様のデザイン戦略に基づき反論点をご指定いただく場合、中間処理費用を頂戴する場合があります。

なお、審査の結果、万一拒絶査定に至った場合において、さらに審判や訴訟で争うには、別途費用が必要です。また、万一、出願の分割などが必要となった場合、その費用については、別途、ご負担いただきます。

 


出願時の費用は?

出願時の費用は、次のとおりです。

◆特許庁印紙代=16,000円

◆弊所手数料(標準)=税込79,750円(税抜72,500円)

  • 弊所手数料には、図面又は写真の作成費が含まれます。但し、CADデータがあればご提供をお願いします。
  • 図面が複雑な場合など、追加料金をお願いすることがありますが、ご依頼前に申し上げます。
  • 図面がきわめて簡単な場合、現物で出願可能な場合、減額いたします。
  • 出願前に先行意匠調査をご希望の場合、別途お見積させていただきます。
  • 特許庁費用は、法改正により変更される場合があります

 


登録時の費用は?

登録時の費用は、次のとおりです。

◆特許庁印紙代=8,500円(第1年分)

◆弊所手数料=税込22,000円(税抜20,000円)

  • 登録料(特許庁印紙代)は、何年分をお支払いいただいても結構です(弊所手数料は変わりません)。たとえば、第1~3年分を一括払いいただいても結構です(8,500円×3年=25,500円)。
  • 意匠権の設定登録後、毎年、登録料(年金)の支払いが必要です。その内、少なくとも第1年分の登録料については、登録前に納付します。第2年以後も権利を維持するには、各年分の登録料を前年以前に納付しなければなりません。

 


特許印紙代(2021年5月現在)

(1)意匠登録出願 16,000円

(2)登録料

  • 第1年から第3年まで毎年 8,500円
  • 第4年から第25年まで毎年 16,900円

(3)秘密意匠の請求 5,100円

 


ご相談・ご依頼

ご依頼ご相談は、お問合せのページからお気軽にご連絡ください。

なお、小山特許事務所は、完全予約制です。来所前にご連絡をお願いします。

 


関連情報

 


(作成2021.05.12、最終更新2021.05.12)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2021 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.