コメント受付

小山特許事務所(大阪府寝屋川市)のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ご意見・ご感想・ご要望などがございましたら、お気軽にご投稿ください。

  • お名前はハンドルネーム、メールアドレスは未記入、サイトURLも未記入で、投稿できます。
  • 投稿内容は本ページで公開されますので、公開されて困る情報は記載しないでください。
  • 営業案内はご遠慮ください。投稿いただいても、未承認・削除扱いとなります。
  • 知財に関するご質問は、お答えできない場合もございます。予めご了承ください。
  • 出願のご依頼・ご相談などについては、お問合せから、メールまたはお電話ください。

「コメント受付」への3件のフィードバック

  1. yasoo より:

    はじめまして。
    書類での特許出願を検討中で、色々フォーマットを検索しておりました。
    独立行政法人工業所有権情報・研修館の知的財産相談・支援ポータルサイトからダウンロードした特許出願書類のワードテンプレート以外にも、さらにわかりやすいテンプレートはないかと思い、貴サイトにたどり着きました。
    貴サイトのテンプレートは、文案まで書かれており、サイトでの解説を合わせて読み、とても分かりやすかったです。

    そこでお尋ねなのですが、書類の順番について、独立行政法人のサイトからダウンロードした書式と違う部分があり、下記の通りご質問させていただきました。
    独立行政法人からダウンロードしたテンプレートの願書、および書類の並び方は、

    【提出物件の目録】
      【物件名】     特許請求の範囲   1
      【物件名】     明細書         1
      【物件名】     図面           1
      【物件名】     要約書         1

    の順番でした。
    しかし、貴サイトのフォーマットでは、下記の通り、

    【提出物件の目録】
      【物件名】     明細書 1
      【物件名】     特許請求の範囲 1
      【物件名】     要約書 1
      【物件名】     図面 1

    と、独立行政法人版のテンプレートの順番と、まったく違います。

    どちらが正しいのでしょうか?
    紙での出願を考えておりますが、電子出願の場合と、書類(特許請求の範囲、明細書、図面、要約書の4種類の書類)の順番は違うのでしょうか?
    法律の改正等があって、書類の順番が変わったのでしょうか?

    現時点で、正しい書式にそった順番にしないといけないと思うので、アドバイスいただけたら幸いです。

    どうでもいいことなのかもしれませんが、なにぶんにも初心者で、そんなことで特許庁に拒絶されたらいやなのでご質問させていただきました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • katanobu より:

      お問合せありがとうございます。弁理士の小山です。
      確かに、両方の書式がございます。

      紙出願されるのでしたら、特許請求の範囲を先にするのが無難です。特許請求の範囲、明細書、図面、要約書の順になります。
      弊所ウェブサイト内の「特許出願書類のテンプレート」(http://www.koyamapat.jp/2020/07/22/template_patent/)にもご案内のとおり、「紙出願される場合、独立行政法人工業所有権情報・研修館の知的財産相談・支援ポータルサイトが提供する「願書等様式(通常出願)」のワードファイルをご利用ください」。

      本コメント末尾に、特許法、同施行規則の他、特許庁ウェブサイト、電子出願ソフトサポートサイトの各書式がどうなっているのか、示しました(2020年9月19日現在)。
      紙出願では、特許請求の範囲が先に、電子出願では明細書が先にきています。
      そのため、これに沿って出願してください。

      なお、紙出願の場合、提出物件の目録に記載の順序で、各書類を綴じてください。つまり、提出物件の目録の欄で、特許請求の範囲を先とした場合には、上から順に、願書(特許願)、特許請求の範囲、明細書、図面、要約書の順に並べて、左側をステープラーで綴じることになります。

      参考リンク:自分で特許出願する方法(http://www.koyamapat.jp/patent_link/)

      ***参考情報***
      ◆特許法 第36条第2項
      願書には、明細書、特許請求の範囲、必要な図面及び要約書を添付しなければならない。

      ◆特許法施行規則 第23条第1項
      願書(次項から第5項までの願書を除く。)は、様式第26により作成しなければならない。

      ◆特許法施行規則 様式第26
      【提出物件の目録】
      【物件名】 特許請求の範囲 1
      【物件名】 明細書 1
      【物件名】(図面 1)
      【物件名】 要約書 1

      ◆特許庁>出願の手続>第二章:特許出願の手続>第一節:願書の作成方法
      【提出物件の目録】
      【物件名】 特許請求の範囲 1
      【物件名】 明細書 1
      【物件名】(図面 1)
      【物件名】 要約書 1

      ◆電子出願ソフトサポートサイト>申請書類の作成>ひな型より作成>ひな型(Windows版)ダウンロード>1100_特許願(特記事項なし)(予納)
      【提出物件の目録】
      【物件名】 明細書 1
      【物件名】 特許請求の範囲 1
      【物件名】 要約書 1
      【物件名】 図面 1

      ◆電子出願ソフトサポートサイト>申請書類の書き方ガイド>特許出願手続ガイドライン>特許出願(通常)>特許願
      【提出物件の目録】
      【物件名】 明細書 1
      【物件名】 特許請求の範囲 1
      【物件名】 要約書 1
      【物件名】 図面 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。