若者の起業を知財で支援します!

起業準備中の方へ

新たにビジネスを始められ、商品を製造販売したりサービスを提供したりするなら、知財面で数々の留意点があります。
たとえば、次の点を挙げることができます。

(1)事業化までに日数を要する場合でも、将来における自分の実施(製造販売等)を確保しておく【権利取得で出遅れない】
(2)他社の模倣品を排除できるようにしておく【将来の模倣品対策】
(3)他社の権利侵害にならないようにしておく【既存の他社権利に留意】

小山特許事務所では、若者の起業を知財面からバックアップいたします。
若者に限らず、起業家一般をサポートしています。

 

知財にはどのようなものがあるか?

技術的なアイデア(発明・考案)を保護するための「特許」「実用新案登録」、
物品のデザインを保護するための「意匠登録」、
商品やサービスに付けるネーミングやマークを保護するための「商標登録」があります。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

 

なぜ出願が必要か?

技術的アイデア、商品デザイン、商品やサービスに付けるネーミングやマークについて、下記の考慮が必要です。

(1)事業化までに日数を要する場合でも、将来における自分の実施を確保
将来事業化(製品化)するにしても、先に出願しておかなければ、他社が先に出願し、事業化を妨げられる(下記(3)の差止め等を受ける)おそれがあります。事業化できなければ、開発のための労力や費用が無駄になります。

(2)他社の模倣品を排除
出願し権利化しなければ、他社の模倣品を止めることができません。その結果、価格競争に陥るおそれがあります。

(3)他社権利の侵害を回避
自分が製造販売しようとする商品の構造やネーミング等について、既に他社が出願し権利を取得している可能性もあります。その場合、他社の権利を侵害することになり、差止めを受けたり、損害賠償を請求されたりするおそれがあります。予め先行する特許や商標を調査することで、リスクを軽減できます。さらに、特許庁の審査を受ければ、他社の出願や権利を一層確実に把握することができます。

*関連情報:特許出願の必要性、特許権取得の意味

 

なぜ小山特許事務所か?

正直、小さな個人事務所ですが、その分、敷居は低く、小予算で、何でもお気軽にご相談いただけます。
弁理士登録後1,000件以上の出願を代理してきましたし、独立開業後も数百件の出願を代理しております。
市役所や上場企業からのお仕事も頂戴しておりますので、ご安心いただけると思います。

小山特許事務所は、【オリジナル資料】と【明瞭会計】の特許事務所です。

(a)オリジナル資料
オリジナル資料で知財制度に親しみながら、納得安心の登録を目指します。知財制度に多少でも馴染むことで、書類や手続の意味が分かり、今後の知財戦略にご活用いただけます。

(b)弊所料金
中間処理費用上限制度により、出願から登録までに要する最大費用を予め確定させた上で、ご依頼いただけます。

(c)特許庁料金
特許出願については、特許庁減免制度を積極的に活用して、できるだけ安価に権利取得いただきます。

 

ご相談・ご依頼

小山特許事務所までお気軽にご相談ください。
小山特許事務所は、京阪寝屋川市駅徒歩8分です。駐車場も完備しております。
京阪寝屋川市駅には、大阪京橋駅から約12分、大阪駅から約30分、天王寺駅から約37分、京都祇園四条駅から約40分です。

中小企業、ベンチャー起業、個人事業主、個人の方は、特許料金が格安になります。
詳しくは、中小企業・ベンチャー企業なら特許料金が格安に、をご覧ください。

 


(作成2019.06.11、最終更新2020.04.30)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2019-2020 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.