発明相談・特許相談

特許や実用新案の相談先・出願依頼先を、お悩みの方へ

特許や実用新案登録には、様々な手続や書類が必要です。それら手続や書類がお客様にとって意味不明では、納得安心して依頼できないと思います。仮に登録できても、意図した権利範囲でないかもしれません。また、お客様ご自身で品質を把握することもできません。さらに、どのタイミングでどの程度の費用がかかるのかも、事前に知っておかなければ、将来、思わぬ費用がかかるかもしれません。

小山特許事務所は、オリジナル資料と明瞭会計の特許事務所です。

オリジナル資料」により、手続や書類の意味を把握して、納得安心の登録を目指します。また、お客様ご自身で品質を把握することもできます。どのような資料なのかは、一部を知財制度解説YouTubeでも公開しております(たとえば「特許請求の範囲について」)。

費用上限制度」により、出願から登録までに要する最大費用を、予め出願前に確定させることもできます。上限金額を超えてのご請求はいたしませんので、費用面でも絶対安心でご依頼いただけます。

 

グッドアイデアをひらめいた!
これって、特許になる?
特許権取得までの流れや費用について知りたい!
実用新案権取得までの流れや費用について知りたい!

小山特許事務所では、アイデア・発明・特許・実用新案に関する各種ご相談をお請けしております。

ご依頼ご相談は、お問合せのページからお気軽にご連絡ください。

なお、出願前にアイデアを第三者に公開しますと、特許を取れなくなる場合がありますので、ご注意ください。

 


アイデア・発明・特許について相談したい

たとえば、次のような場合、お気軽にご相談ください。

  • アイデアをひらめいたが、どこに相談してよいのか分からない。
  • そもそも相談してよい内容かも分からない。
  • 新製品を開発したが、保護できないものか。
  • 職人だが、現場で使用するアイデアを思いついた。
  • 開業予定だが、その中核となる技術を保護しておきたい。
  • 会社員だが、社内の業務とは無関係のアイデアを思いついた。
  • 学生だが、学内の研究とは無関係のアイデアを思いついた。

 


次のような検討をご一緒に行います

  • 思いついたアイデアをご説明いただき、必要ならアイデアの内容を固めます。漠然としたアイデアの場合、「発明」として完成させます。
  • 新製品から出願対象となり得る発明を抽出します。
  • 特許で保護される「発明」だろうか。
  • 従来なかったのか。
  • 従来技術から容易に考えられる程度の改良改変でないのか。
  • 手間や費用をかけてまで出願すべきか。
  • 特許と実用新案登録、いずれで出願するのがよいか。

 


次のようなご質問にお答えします

  • 出願から登録までの流れを知りたい。
  • 出願から登録までの費用を知りたい。
  • その他、ご不明点やご不安点など、お気軽にご相談ください。
  • なお、「これは特許になるのか知りたい」というご要望があるかもしれません。このご要望に正確にお応えするのは難しいです。その理由は、次のとおりです。
     
    (a) 前提として、特許を取得するには、従来技術と同一でないだけでなく、従来技術から容易に考えられる程度でもないことが必要です。いずれにしても、従来技術を知る必要があります。
    (b) ところが、日本への特許出願だけでも年間二十数万件以上あります。また、特許制度との関係(出願日から1年6月は出願内容が未公開)および使用データベースとの関係で、すべての特許を検索できる訳でもありません。さらに、日本国特許公報だけが従来技術という訳でもありません。たとえば、学術論文や外国特許公報の他、市場に出回っている製品、インターネットの情報などもあります。そのため、完璧な調査は不可能です。
    (c) そうはいっても、なにもせずにいきなり出願するよりは、予め先行する日本の特許文献だけでも調査することで、将来の拒絶(特許しないとの特許庁判断)を回避しやすく、手続も円滑に進みます。
    (d) そこで、出願前に簡易に調査してみて、特許性を判断(予想)する訳です。調査の結果、(「従来なかった」とは言い切れないですが)「先行技術を発見できなかった」場合、特許出願(または実用新案登録出願)する材料の一つとなります。

 


次のようなご要望にもお応えします

 


相談の流れは?

  • アイデアをご説明いただきます。弁理士には守秘義務がありますので、ご安心ください。
  • アイデアをご説明いただいた上で、上述した各種検討をご一緒に行います。もちろん、ご質問などがあれば、お答えいたします。
  • アイデアをご説明いただく上で、文章、図面、写真、試作品などがあれば、ご用意ください。これらを参照しながら打合せすることで、アイデアの内容を把握いたします。従来品(市販品やカタログ等)をお示しいただき、ここをこう改良する(改良した)、というようなご説明でも結構です。事前に何を用意してよいのか分からない場合(あるいは事前資料等がない場合)、まずは口頭でご説明いただき、必要に応じて後日、ご用意いただく形も可能です。打合せにおいて、追加の資料が必要か否か、どのような資料が必要かが明らかになります。
  • 図面や試作品などに基づき打合せする関係上、面談による打合せを基本とします。来所によるご相談の他、会社やご自宅での打合せも可能です。発明内容にもよりますが、Zoom(ズーム)を用いたリモート面談が可能な場合もあります。その場合、事前に、Eメールまたは郵送にて、図面・イラスト、写真、試作品などをお送りいただき、それらに基づきリモート面談を行います。但し、発明内容や事前資料によっては、ネットでの打合せが困難で、ご依頼ご相談に対応できない場合がありますことを、予めご了承ください。

 


相談料は?

  • 出願に向けたご相談は、初回90分まで無料です。
  • 費用が発生する場合、事前に申し上げます。

 


ご相談ご予約

  • お問合せからご連絡ください。
  • 弊所は完全予約制です。来所前に必ずご連絡をお願いします。
  • 受任状況(混雑状況)により、お請けできない場合があります。
  • 技術分野により、お請けできない場合があります。
  • 弊所の既存のお客様と競合する技術については、弁理士法等との関係から、お請けできません。
  • 外国出願は取り扱いません。

 


関連情報

 


(作成2019.12.12、最終更新2022.06.10)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2019-2022 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.