特許出願:自分で?、特許事務所で?、それとも一部外注?

特許出願の態様

  1. 【自分で手続】特許事務所(弁理士)に依頼することなく、すべてを自分で(自社で)行う場合です。
  2. 【全てお任せ】出願書類の原稿作成から特許庁への提出、出願審査請求、拒絶理由通知に対する対応、設定登録料の納付など、全て特許事務所(弁理士)に任せることができます。
  3. 【必要時サポート】基本的には自分で(自社で)処理するが、必要の際だけ特許事務所(弁理士)に依頼することもできます。小山特許事務所では、たとえば、出願書類の作成のみ、拒絶理由通知への対応のみでも、ご依頼いただけます。

 

メリット・デメリット

 

自分で手続

全てお任せ

必要時サポート

弊所代理権

なし

あり

なし

特許出願

(1)願書・明細書・特許請求の範囲・要約書・図面の作成

(2)特許庁への提出

(1)費用はかからないが、書類作成が困難・面倒(*注1)

(2)紙出願には電子化手数料、電子出願には事前準備が必要

(1)費用はかかるが、手軽で、安心・確実

(2)すべてお任せ

特許出願の原稿作成サービス(骨子・全文)

(1)少しの費用と手間で、安心・確実。予算に合わせて、原稿の一部または全部のご依頼可。

(2)自分で紙出願・オンライン出願できる他、出願手続の代行依頼可(*注2)

出願審査請求

(1)出願審査請求書の作成

(2)特許庁への提出

紙提出の場合は電子化手数料が必要

所望によりサポート依頼(特許ぷち相談

中間処理(拒絶理由通知に対する応答)

(1)意見書・手続補正書の作成

(2)特許庁への提出

(1)熟練が必要(専門家の助言が必要)

(2)紙提出の場合は電子化手数料が必要

特許拒絶理由対応支援(コメント~反論書類作成)(*注3)

特許査定(第1~3年分の特許料の納付)

(1)特許料納付書の作成

(2)特許庁への提出

紙提出でも電子化手数料は不要

所望によりサポート依頼(特許ぷち相談

  • 出願から登録までの流れは、特許出願から登録までの流れをご覧ください。特許出願に必要な書類は、特許出願書類の例をご覧ください。
  • *注1:審査に耐える書類、所望の権利範囲の書類とするには、書類作成に熟練が必要です。自分で作成すると、発明内容や書類記載について、第三者からのチェックの機会がありません。そのため、たとえば、違う観点(あるいはもう少し大きな概念)で発明を把握できたのに、それを見逃したり、発明者には理解できても第三者(審査官)には説明の足りない書類になったりしがちです。なお、出願後に、出願書類に新規事項を追加することはできません。
  • *注2:全文作成サービス(出願書類の全ての原稿作成)をご依頼いただいた場合、ご希望により、弊所から特許庁に提出いたします。そのため、お客様において、紙出願する場合の電子化手数料や、電子出願する場合の事前準備などが不要です。弊所代理で特許庁に出願後、弊所は代理人を辞任して、お客様の管理に戻します。このような処理は、基本的には出願書類の全てについて、原稿作成を弊所にご依頼いただいた場合に限りますが、図面については、お客様にてご用意いただくことで、費用の削減を図ることもできます。
  • *注3:拒絶理由通知への対応(拒絶理由の内容把握、引用発明との対比、反論事項の抽出、意見書および手続補正書の作成提出)は、技術面だけでなく、法律面での検討も必要です。専門家の助言がなければ、多くの場合、対応は困難と思われます。小山特許事務所では、特許拒絶理由対応支援(コメント~反論書類作成)を実施しています。

 

費用(特許庁料金と弊所手数料)

 

自分で手続

全てお任せ

必要時サポート

特許出願

特許印紙代

14,000円

弊所手数料

発明内容にもよりますが、通常、十数万円~

・自分で作成の場合:¥0-

骨子作成サービス:8.8万円(税抜8万円)(*注4)

全文作成サービス:発明内容にもよりますが、通常、14.3万円(税抜13万円)~(*注5)

出願審査請求

特許印紙代

138,000円+(請求項数×4,000円)

弊所手数料

11,000円(税込)

・自分で手続の場合:¥0-

・代行依頼の場合:11,000円(税込)(*注6)

中間処理(拒絶理由通知に対する応答)

特許印紙代

¥0-

弊所手数料

・コメント無料(応答しない場合でも費用はいただきません)

・応答ご希望の場合:1.1~11万円(税抜1~10万円)程度(「中間処理費用上限制度」適用で拒絶理由が何度きても所定の上限金額まで)

・自分で手続の場合:¥0-

特許拒絶理由対応支援(コメント~反論書類作成):3.85~14.3万円(税抜3.5~13万円)(拒絶理由通知1回につき)

特許査定(第1~3年分の特許料の納付)

特許印紙代

{2,100円+(請求項数×200円)}×3年分

弊所手数料

数万円(成功報酬込み)

・自分で手続の場合:¥0-

・代行依頼の場合:11,000円(税込)

  • 特許印紙代の内、出願審査請求料と特許料については、減免措置の対象となる場合があります(中小企業・ベンチャー企業なら特許料金が格安に)。
  • *注4:骨子作成サービスでは、弊所にて出願書類の骨子を作成し、お客様において書類を完成させて、特許庁に提出いただきます。
  • *注5:全文作成サービスでは、弊所にて出願書類の全文を作成します。ご希望により、弊所から特許庁に提出いたします。その場合、弊所代理で特許庁に出願後、弊所は代理人を辞任して、お客様の管理に戻します。
  • *注6:出願審査請求は誰でも可能です。つまり、出願人だけでなく、第三者も請求することができます。弊所に代理権のない出願について、出願審査請求をご依頼の場合、出願審査請求書の作成だけでなく、「他人からの請求」として、弁理士小山名義にて弊所から特許庁に手続いたします。お客様において、書類作成や特許庁手続は、一切不要です。

 


ご依頼ご相談

  • お問合せのページからご連絡ください。
  • 技術分野や受任状況(混雑状況)などによりまして、ご相談ご依頼をお請けできない場合もございます。予めご了承ください。なお、出願書類の【全文】について、弊所に作成をご依頼いただいた場合、その後の中間処理等のご相談については、優先的にお請けいたします。これにより、出願後も安心して、登録まで処理を進めることが可能となります。

 


(作成2020.12.02、最終更新2021.01.05)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2020-2021 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.