学生による特許出願を支援します!

特許権・実用新案権・意匠権・著作権

大学生、高専生、専門学校生などでも、個人的に
グッドアイデアをひらめいた!、特許または実用新案登録してみたい、
なかなか良いデザインに仕上がった!、意匠登録してみたい、
というケースはあると思います。

特許・実用新案登録・意匠登録することで、その発明・考案・意匠の実施(製造販売等)を所定期間、独占することができます。いつ、誰が、何を創作したのかを公報により残すこともできます。

なお、特許・実用新案登録とは、技術的なアイデアを保護するための特許庁への登録をいい、意匠登録とは、物品等のデザインを保護するための特許庁への登録をいいます。そして、意匠(いしょう)とは、物品・建築物・画像の美的な外観・デザインをいいます。

ところで、美術性のある「作品」は、「美術の著作物」として、著作権法による保護を受けることができます。著作権は、出願や登録を要することなく、作品の完成に伴い自動的に発生します。特許権、実用新案権、意匠権、著作権の内、いずれで保護を図るべきかについては、次のリンク先をご参照ください。動画解説(YouTube)へのリンクもあります。

 


費用の基本

学生が個人的な創作について自分名義で特許権・実用新案権・意匠権を取得しようとする場合、最大のネックは、おそらく費用と思われます。

各制度の概要と、出願から登録までの手続や費用については、次のリンク先をご覧ください。各ページには、動画解説(YouTube)へのリンクもあります。

 


費用の削減

  • 特許庁印紙代については、特許庁減免措置を受けられる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • 特許事務所(弁理士)に出願手続をご依頼されると、代理人費用が別途かかります。
  • 特に代理人費用が負担になると思います。弊所では、学生の方には、無料相談&減額対応しております。
  • 代理人費用の削減のために、ご自身で出願書類を作成することも考えられます。トライされたい場合、自分で特許出願する方法をご覧ください。不明点があれば、可能な範囲でご協力いたします。
  • 意匠登録出願については、図面または写真などをご用意いただければ、ほぼ実費で弊所から特許庁手続いたします。小さなものであれば、現物で出願できることもできます。多少費用がかかりますが、図面または写真の撮影を弊所にお任せいただくこともできます。現物があれば、無料でお見積りいたします。

 


対応可能分野

  • 特許出願や実用新案登録出願の場合、基本的には機械・制御系となります。日本国内限定です。機械、器具、装置の構造および制御を得意とします。アイデア商品、趣味用品、文具、雑貨、日用品、健康器具、工具、家具、包装容器、アクセサリー、スポーツ用品なども、対応可能です。機械系以外では、過去、建材、建具、土木建築用具の他、サーモスタットのような構造的電子部品などについて、明細書作成経験があります。その他の分野(化学・電子回路・スマホアプリなど)については、対応できない場合もあります。
  • 意匠登録出願については、特に制限はありません。

 


ご相談に際して

  • 費用をかけてまで出願する必要があるのか、という価値判断を伴いますので、基本的には成人の学生を対象にしています。
  • 未成年者は、親権者様の同意が必要です。未成年者はもちろん、成人学生であっても、ご両親(または学校の先生など)に、まずはご相談ください。
  • あくまでも学生が個人的に創作したものが出願対象です。そして、学生自身が出願人(将来の権利者)となる場合に限ります。複数人によるグループ(サークル等)でも構いませんが、出願人の全員が学生である場合に限ります。
  • 会社に勤めながらの学生には、対応いたしません。
  • 大学等の研究室の成果を持ち込む(弊所から出願する)ことはできません。研究室の成果は、ご担当の教授や先生の指導のもと、大学等が指定する代理人を介して適切に処理してください。

 


お約束

  • 出願書類の品質が弊所通常のお客様と変わることはございません。
  • 出願から登録までの各種手続については、基本的に後払いで結構です。
  • 打合せでは、事前にお知らせの上、録音または録画をしていただいても構いません。

 


その他

  • 基本的には、来所でのご相談となります。弊所は、大阪の特許事務所です。京阪寝屋川市駅徒歩8分です。駐車場も完備しております。
  • 弊所の立地からして、大阪または京都の学生に便利だと思いますが、神戸、滋賀、奈良など、その他の地域でも対応できる場合があります。案件内容にもよりますが、ネットを介したご相談が可能な場合もあります。過去、名古屋、東京、埼玉、福岡など、関西以外の学生の方からも、ご相談いただきました。
  • 弊所による受任は、特許庁における特許審査の通過(または実用新案権の有効性)などを保証するものではありません。特許庁における審査(または審判)により、出願が拒絶(または登録が無効)になることもあります。その場合でも、それまでに要した費用の返還は行いません。

 


ご依頼・ご相談

  • お問合せ(学生版)からご連絡ください。その際、学生である旨の明示をお願いします。
  • 弊所は完全予約制です。来所前に必ずご連絡をお願いします。
  • 受任状況(混雑状況)により、お請けできない場合があります。
  • 技術分野により、お請けできない場合があります。
  • 弊所の既存のお客様と競合する技術については、お請けできません。
  • 詳しくは、出願までの流れ(学生版)発明相談・特許相談(学生版)をご覧ください。

 


関連情報

 


(作成2019.05.17、最終更新2021.12.14)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2019-2021 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.