特許公報要約サービス(発明内容について要約作成・口頭説明・ご相談)

特許出願書類、公開特許公報、特許掲載公報などを、読む時間がない、読んでも何が書いているのか分からない、要約して欲しい!

あなたの代わりに弁理士小山が特許公報等を読み込んで、発明内容について、「要約を作成」、「口頭でご説明」いたします。

自社出願・自社製品との比較検討、拒絶理由通知・拒絶査定への対応検討なども、ご相談いただけます。

 


このようなご要望に

自社知財部、特許調査会社、特許事務所から、特許出願書類や特許公報などを受け取ったが・・・

  • 読む時間がないので、内容を要約して欲しい。
  • 何を書いているのか、何を言いたいのか分からない。ポイントを説明して欲しい。
  • 口頭で内容を説明して欲しい。
  • 公報フロントページのものより“使える要約”(所望の観点からの要約)が欲しい。
  • 権利範囲を説明して欲しい。
  • 特許請求の範囲だけでなく、明細書や図面を含めて、公報全体に開示される発明を説明して欲しい。
  • 自社の出願内容と比較して、相談にのって欲しい。
  • 自社の製品と比較して、相談にのって欲しい。
  • 特許庁から拒絶理由通知書・拒絶査定書を受領したので、相談にのって欲しい。

 


特許公報要約サービス

  • 弊所にて内容を読み込んで、発明内容について、ご指定範囲の文字数にまとめるか、口頭でご説明させていただきます。
  • 予め、気になる観点(自社が出願・実施しようとする点など)をお聞かせいただければ、その観点からご報告させていただきます。
  • 図面に適宜色を付けたり、部品名を付したりして、ご説明いたします(pdfファイル)。
  • その他、ご要望に沿って対応可能です。
  • 弁理士ですから、もちろん秘密厳守で対応します。

 


ご依頼前に

  • 受任状況(混雑状況)により、お請けできない場合があります。
  • 公報数が膨大な場合など、お請けできない場合があります。
  • 機械の構造や制御が専門です。技術分野により、お請けできない場合があります。
  • 弊所の既存のお客様と競合する技術については、弁理士法等との関係から、お請けできません。
  • 基本的には日本語文献のみを対象とします。
  • 納期および費用は、ご依頼内容をお聞かせいただいた上で、お見積りさせていただきます。お見積りは無料です。
  • 原則として前金でお願いします。ご依頼いただくと、まずは請求書を発行させていただき、ご入金後に着手いたします。振込手数料はお客様でご負担いただきます。
  • やむを得ずご依頼をキャンセルさせていただく場合がございます。弊所都合によるキャンセルの場合、いただいた手数料は全額返金いたしますが、それ以外の責はご容赦ください。

 


ご相談・ご依頼

  • まずは、お問合せから「特許公報要約サービス」を希望する旨、ご連絡ください。折り返し、ご連絡させていただきます。
  • 公報番号が分かれば、必ずしも面談による打合せを必要としません。メール、スカイプ(Skype)またはズーム(Zoom)などを利用して、遠方からもご依頼いただけます。納品時、面談での打合せ(口頭でのご説明)をご希望の場合、全国お伺いさせていただきます。もちろん、来所いただいても結構です。

 


(作成2020.06.15、最終更新2020.07.14)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2020 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.