意匠登録とは・意匠権の取り方

意匠登録について
(意匠登録とは、意匠とは、出願の態様・種別、登録までの流れ、登録要件、審査期間、費用など)

意匠登録

意匠登録とは何か、意匠とは何か、出願の態様・種別(全体意匠・部分意匠・関連意匠・動的意匠・秘密意匠など)、意匠登録出願から登録までの流れ、意匠登録されるための要件、審査期間、費用などについて、わかりやすく解説します。

ご依頼ご相談は、お問合せのページからお気軽にご連絡ください。

 


目次

 


意匠登録とは?

意匠登録とは、物品・建築物・画像の美的な外観・デザインについて、意匠登録出願し審査をパスすることで得られる特許庁への登録をいいます。

意匠登録されることで意匠権を得られ、意匠権者は、登録意匠のみならず、これに類似する意匠についても、独占排他的に実施(製造販売等)することができます。

権利侵害に対しては、差止請求権や損害賠償請求権などを行使することができます。また、意匠権を侵害した場合には、刑事罰が科される場合もあります。

意匠権の存続期間は、原則として、出願日から25年です。

 


意匠とは?

意匠法の保護対象は、「意匠(いしょう)」です。

意匠とは、物品・建築物・画像の美的な外観・デザインをいいます。より具体的には、意匠とは、下記a~cのように、物品の形状等、建築物の形状等、又は画像であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます。

  • (a) 物品の形状、模様、色彩、又はこれらの結合(物品の部分を含む。)
  • (b) 建築物の形状、模様、色彩、又はこれらの結合(建築物の部分を含む。)
  • (c) 画像(機器の操作の用に供されるもの、又は機器がその機能を発揮した結果として表示されるものに限る。画像の部分を含む。デスクトップ画面の壁紙等の装飾的な画像、映画やゲーム等のコンテンツ画像は、保護対象ではありません。)

 


出願の態様・種別

(a) 全体意匠(完成品・部品)

完成品について

全体意匠

部品について

部品意匠

 

(b) 部分意匠(物品等の一部)

部分意匠

 

(c) 関連意匠

  • 関連意匠とは、自己の出願意匠又は登録意匠のうちから選択した一の意匠(本意匠)に類似する意匠をいいます。
  • 同一人が互いに類似する意匠について意匠登録を受けようとする場合、一を本意匠とし、他を関連意匠として出願します。
  • 関連意匠を出願できる期間は、本意匠が消滅等していないことを条件に、基礎意匠(最初に選択した本意匠)の出願日から10年を経過する日前までです。
  • 関連意匠の意匠権の存続期間は、その基礎意匠の出願日から25年です。

下図において、黒・青・緑のそれぞれについて、中心点は登録意匠そのものを示し、それを取り囲む円は類似範囲を示しています。黒の意匠Oを登録後、その類似範囲内(つまり黒の円内)にある青の意匠Aについて、黒の意匠Oを本意匠として関連意匠の意匠登録を受けることができます。青の意匠Aと類似する緑の意匠Bについて、青の意匠Aを本意匠として関連意匠の意匠登録を受けることができます。最初に本意匠として選択した意匠Oを「基礎意匠」といいます。

関連意匠

 

(d) 動的意匠(物品等の機能に基づく一連の変化)

たとえば、ボールペンの軸部が伸縮する場合、その変化の前後にわたる形状について動的意匠の意匠登録を受けることができます。

動的意匠

 

(e) 秘密意匠(登録されても指定期間だけ非公開)

秘密意匠は、意匠登録されても、指定期間だけ、登録意匠の内容が公報に掲載されないので、模倣を防止できると共に、製品発売まで斬新性を保つことができます。

秘密意匠

 

(f) 組物の意匠(同時に使用され統一感のある複数物品等)

たとえば、ボールペンと シャープペンシルとにより「一組の事務用品セット」として、意匠登録を受けることができます。

組物の意匠

 

(g) 内装の意匠(統一感のある内装)

たとえば、カフェの内装、自動車ショールームの内装、観光列車の内装などです。

 

上記各意匠について、詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

 


意匠登録出願から登録までの流れ

意匠登録出願から登録までの流れは、典型的には次のとおりです(pdf:意匠登録手続の流れ図(フローチャート))。

  1. 意匠登録出願
  2. 審査(登録できない場合には拒絶理由通知が出され、出願人に反論の機会あり)
  3. 登録査定(登録する旨の通知)
  4. 設定登録料納付(意匠権を維持するには毎年登録料の支払いが必要でその第1年分の前払い)
  5. 意匠登録(意匠権の設定登録)

より具体的に述べると、次のとおりです。すなわち、意匠登録を受けたい場合、特許庁に意匠登録出願します。その後、出願は、審査官による実体審査に付されます。審査において、審査官は、所定の拒絶理由を発見した場合、出願人に拒絶理由を通知し反論の機会を与えます。拒絶理由通知に対し出願人が応答しないか、応答しても拒絶理由が解消しない場合、拒絶査定がなされます。拒絶査定に対しては、審判や訴訟で争うことができます。一方、拒絶理由を発見しないか、拒絶理由が解消した場合、登録査定がなされます。出願人が設定登録料(第1年分の登録料)を納付することで、意匠権の設定登録がなされます。

詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

 


登録要件

意匠登録出願の審査では、所定の登録要件を満たしているかが審査されます。

代表的な登録要件として、次のものがあります。

  • 新規性があるか(出願前に公知・刊行物記載等された意匠と同一・類似でないか)
  • 創作非容易性を有するか(容易に創作することができないものか)
  • 先願(せんがん)か否か、つまり最先の出願か否か(わが国では「創作」の先後ではなく、「出願」の先後にて一日でも早く出願した者に意匠権が付与されます)

詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

 


審査期間

「出願」から「登録査定又は拒絶理由通知書」が出願人等へ発送されるまでの期間は、平均6.2か月です(2020年)。

所定の場合、審査を早めてもらうことができ、その場合は、2.0か月です。

詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

 


費用

特許庁に支払う費用は、次のとおりです(2021年5月現在)。

  • 出願料16,000円+設定登録料8,500円=合計24,500円
  • なお、秘密意匠の請求をする場合、別途5,100円が必要です。

出願手続を特許事務所の弁理士にご依頼される場合、別途、代理人費用がかかります。代理人費用は、現在自由化されており、事務所により異なります。小山特許事務所の場合、次のリンク先をご覧ください。

 


注意点

(1)意匠登録出願を完了するまで、そのデザインをむやみに開示するのは危険です。権利がとれなくなったり、デザインを盗まれたりするおそれがあるからです。原則として、製品を市場に出したり、デザインを第三者に開示する前に、まずは意匠登録出願が必要です。但し、所定の場合、例外規定の適用を受けることができる場合もあります。

(2)意匠登録は、「創作」の先後ではなく、「出願」の先後にて、一日でも早く特許庁へ出願した者に付与されます。そのため、できるだけ早く出願することが必要です。

(3)出願後に出願意匠の修正はできませんが、別出願することで権利取得可能な場合もあります。

 


意匠登録の出願相談

ご依頼ご相談は、お問合せのページからお気軽にご連絡ください。

図面または現物があれば、日本全国どこからでも、ご依頼いただけます。意匠登録出願の場合、EメールやWeb会議(スカイプやズームなどのビデオ通話)により、ご依頼ご相談いただけます。

なお、来所によるご相談をご希望の場合、小山特許事務所は完全予約制です。来所前にご連絡をお願いします。

 


関連情報

 


(作成2021.05.10、最終更新2021.09.01)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2021 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.