工業所有権とは?【特許・実用新案登録・意匠登録・商標登録】

特許

特許(とっきょ)は、技術的なアイデア、「発明」を保護します。

実用新案登録(じつようしんあん とうろく)は、技術的なアイデアの内、「物品の形状、構造又は組合せに係る考案」を保護します。特許ほど高度である必要はありません。

意匠登録(いしょう とうろく)は、物品のデザインを保護します。

商標登録(しょうひょう とうろく)は、商品またはサービスに付けるネーミングやマークなどを保護します。

いずれも、特許庁に出願して登録を受けることで、独占排他的に実施または使用することができます。すなわち、権利存続中、権利者のみが、商品を製造販売したり、ネーミングやマークなどを使用したりすることができます。

登録を受けるには、所定の登録要件を満たす必要があります。
通常、商品を製造販売(またはサービスを開始)する前に、出願しておきます。