実用新案登録費用

はじめに

このページでは、実用新案登録費用(実用新案登録出願から登録までの費用)について、説明しています。
特許については、以下のリンク先のページをご覧ください。

 


実用新案登録費用

小山特許事務所に実用新案登録出願をご依頼いただいた場合、出願から登録までの費用は、概ね以下のとおりです。

詳細は、面談による打合せにて、出願から登録までの流れと共に、書面および口頭にて、ご説明させていただきます。

 


小山特許事務所の料金体系の特徴

出願費用について、ご依頼前に費用を確定させます。作成後の書類の量(作成時間・ページ数・請求項数など)に左右されないため、安心してご依頼いただけます。

ご依頼前に、登録までに要する最大費用をご提示いたします。予めご提示した上限金額を超えてのご請求はいたしません。費用に納得いただいた上で、ご依頼いただけます。

 


いつ費用が発生するの?

実用新案登録出願から登録までの典型的な流れは、次のとおりです。

出願→基礎的要件の審査(→中間処理(補正命令とその応答))→実用新案権設定登録

この内、「出願時」に、費用がかかります。通常、基礎的要件の審査はパスしますが、万一、補正命令がきても、特許庁印紙代を除き、無料で対応いたします。

なお、実用新案権の設定登録後、毎年、登録料(年金)の支払いが必要です。その内、第1~3年分の登録料については、出願時に納付しているので、登録後3年間は権利を維持することができます。しかし、第4年以後も権利を維持するには、各年分の登録料を前年以前に納付しなければなりません。

 


どれくらいの費用がかかるの?

出願から登録までのトータルの費用は、技術内容により多少上下することもありますが、通常、弊所手数料は二十万円前後までに収まります。別途、消費税と特許庁印紙代(出願料、第1~3年分の登録料)が必要です。

かんたんな日用品・雑貨・アイデア商品の場合、減額して対応いたします。図面(またはその原案)をご用意いただける場合、さらに格安にて出願いただけます(図面準備の特許出願(図面準備で安心・安価な特許出願))。

一方、複雑な機械(図面)などは、割増をお願いすることがありますが、ご依頼前にご提示いたします。

また、学生の方には、特別な減額措置をご用意しております。

 

その他、実用新案登録出願の原稿作成自分で実用新案の出願・申請(弁理士がサポート)など、用途や予算に合わせたサービスも提供しております。予算内で書類の一部を作成して欲しい、出願書類だけ作成して欲しい(特許庁への出願手続やその後の処理は自分でしたい)、登録後の年金支払いは自分でしたいなどのご要望にも、柔軟に対応いたします。

 


特許印紙代(2020年8月現在)

(1)実用新案登録出願 14,000円

(2)登録料

  • 第1年から第3年まで毎年 2,100円+(請求項数× 100円)
  • 第4年から第6年まで毎年 6,100円+(請求項数× 300円)
  • 第7年から第10年まで毎年 18,100円+(請求項数× 900円)

この内、第1年から第3年までの各年分の登録料は、実用新案権発生の要件として、実用新案登録出願時に一時に納付しなければなりません。その費用は、たとえば請求項数が「5」の場合、次のようになります。
(2,100円+請求項数5×100円)×3年分=7,800円

「請求項」とは何かについては、特許請求の範囲についてをご覧ください。

 


ご相談・ご依頼

ご依頼ご相談は、お問合せのページからお気軽にご連絡ください。

なお、小山特許事務所は、完全予約制です。来所前にご連絡をお願いします。

 


小山特許事務所について

(1)大阪府寝屋川市の特許事務所です。近隣市町村からもご依頼いただいております。過去、枚方市、交野市、門真市、四條畷市、大東市、摂津市、大阪市などの方々からも、出願をご依頼いただいております。もちろん、より遠方の方も大歓迎です。大阪府外からもご依頼いただいております。御社またはご自宅での打合せも可能です。「全国出張:発明相談・特許相談」も実施しております。
(2)特許・実用新案登録の出願・申請について、機械、器具、装置の構造および制御を得意とします。大型機械から日用品まで幅広く対応します。
(3)1997年の弁理士登録後、特許・実用新案登録の出願・申請について、1000件以上の代理実績があります。2009年の独立開業後も、数百件以上の特許出願および実用新案登録出願を代理してまいりました。この経験を御社の発展に活かしてまいります。

 


(作成2020.08.01、最終更新2020.10.20)
出典を明示した引用などの著作権法上の例外を除き、無断の複製、改変、転用、転載などを禁止します。
Copyright©2020 Katanobu Koyama. ALL RIGHTS RESERVED.